森本 しおり

1988年生まれ。「何事も一生懸命」なADHD当事者ライター。 就職後1年でパニック障害を発症し、退職。27歳のときに「大人の発達障害」当事者であることが判明。以降、自分とうまく付き合うコツをつかんでいる。プラスハンディキャップなど各種メディアへ寄稿中。

森本 しおりの投稿一覧
ノートブック、鉛筆、付箋が並べられたデスク。マルチタスクとADHDの関係を表すための画像。 当事者

ADHDの私とマルチタスク

パラちゃんねるカフェ
長い間「私はADHDだからマルチタスクができない」と思っていました。マルチタスクとは、複数のことを同時並行で進めるスキルのことです。今回はADHDの私とマルチタスクについてです。 …
手紙を書く手の写真。木目調のテーブルと封筒が写っている。 当事者

ADHDの私が「本音と建前」について学んだこと

パラちゃんねるカフェ
発達障害の人はよく「相手の社交辞令を真に受けてしまう」や「言葉通りに受け取ってしまう」と言われています。無自覚に相手を傷つける言い方をして …
ADHDの女性が仕事の優先順位について混乱している様子を描いたイラスト 当事者

ADHDの私が仕事の優先順位について勘違いしていたこと

パラちゃんねるカフェ
私は優先順位をつけることが苦手です。 イメージとしては、テーブルの上に物がごちゃごちゃと乗っている時点で、どれから片付ければいいのか …
天秤に乗った青とオレンジのブロックに疑問符が描かれている。クローズ就労と障害枠の就労の違いを示唆している。 当事者

12年間クローズ就労をしていた私が障害枠の転職活動をして感じた両者のちがい

パラちゃんねるカフェ
27歳でADHDと診断された、大人の発達障害当事者である私が、4回転職しながら合計12年間一般枠で働いてきて、今回、はじめて障害者雇用枠で …
色とりどりの矢に突き刺された赤いハートのイラスト。 当事者

交渉や調整が苦手なADHDの私に訪れた危機とそこから得た学び。

パラちゃんねるカフェ
昔から交渉や調整が苦手だ。想像しただけでしんどい。どこまでが発達障害の影響かはわからないけれど、私と同じように交渉が苦手な発達障害当事者は …
胸に手を当てて落ち着こうとしている女性の姿。パニック障害の症状と向き合う方法を表しています。 当事者

パニック障害当事者の私の症状との付き合い方

パラちゃんねるカフェ
私は以前、パニック障害に悩まされていました。10年前には、パニック発作が原因で会社を辞めたこともあります。今回は、パニック障害当事者の私がどのような症状があったのかや、それを改善 …
ベッドで横向きに寝ている女性 当事者

一人暮らしの私が新型コロナウィルス陽性になって困ったこと

パラちゃんねるカフェ
8月の始め。ついに、流行りの病にかかってしまいました。基礎疾患はなく症状自体は軽かったものの、色々と大変。今回は一人暮らしをしている私が新 …
空を背景に遠くを見つめる短髪の女性の後ろ姿。 当事者

障害のある私が一人暮らしをするということ。

パラちゃんねるカフェ
私はパニック障害とADHDの当事者ですが、一人暮らしを始めて3年が経ちました。今回は、私の一人暮らしのイメージと現実のギャップについて、振り返っていきます。 一人暮らしを始 …
雨の日に傘をさして林道を歩く女性 当事者

ADHDの私が福祉とライターのダブルワークを5年間して感じたこと。

パラちゃんねるカフェ
私は週に5日障害福祉の仕事をして、週に1日ライターの仕事をしています。2つの仕事を掛け持ちする生活は、そろそろ6年目に突入します。今回は、 …